スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







第二、第三のヤフーを期待しない!


IPOで大化けした銘柄の代表格といえば何といってもヤフーです。


1996年にヤフー株式会社として創業してからわずか1年という
異例のスピードでジャスダックに上場しました。



成長するスピードも半端ではありません。上場時の初値が200万
円であったことだけでも当時話題になったのですが、以後歴史的な
ITバブルの波に乗り右肩上がりで成長しました。



上場から3年後にはついに1株=1億円まで拡大したのです。この
記録は未だに破られていないのですが、今後もないと思います。



やはり、ソフトバンクの孫正義社長の時代の先を読む力は凄いもの
があります。90年代後半に入ってからも依然としてインターネットに
対して懐疑的な目を向ける人達が少なくありませんでした。



しかし創業してから10年たった今、人々の暮らしからインターネット
を切り離すことはできません。



インターネットが市場に浸透したため、ヤフーの成長スピードに関し
ては鈍化していますが、ポータルサイトとしての優位性をみごとに
生かし、様々な業種を網羅しています。



ヤフーが提供しているサービスの中で足りないものを探す方が難し
い状況にあります。(金融、ショッピング、旅行、不動産など)



今後も時代とともに拡大することが予想されます。ヤフーが誕生し
た時代背景はけっして良い状況ではありませんでした。



大きく低迷している時に必ず時代を変革するような商品やサービス
を展開する企業が誕生しますので、第2のヤフーを求めるのは危険
ですが、大きく成長する企業のIPOが期待できると思います。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ヤフー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。