スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







証券会社を選ぶポイントについて

ここ数年で、ネット専業の証券会社の数が一気に増えました。


顧客獲得の競争が激化したことにより、売買手数料をはじめ、
色々なサービスを目玉に各社必死です。



ですので、正直これから株式投資を始められるのであれば、
どの証券会社を選べば良いのか迷われることでしょう。



そして、残念ながらIPO投資を行うのであれば、どの証券会社
でもいいという訳にはいきません。



IPO当選確率の高い所を選ぶ必要があるので、手数料の安さ
は確かに魅力的ですが、提供するプログラム云々も口座開設
するためのポイントにはなりません。



※引受業務をおこなっている証券会社が絶対条件になります。

引受業務には、新株の発行だけにはとどまりません。それ以外
にも社債や、転換社債なども含まれます。



また新規発行される株式を引き受けることが可能な条件として、
引き受けた株式が売れ残った場合のリスクを負うことができる
程度の資本の大きい証券会社に限定されます。



引き受け業務を行う為に必要とされる資本金は5億円以上で、
また幹事証券に入る為には30億円以上必要とされています。



主幹事はたいてい、IPOをする企業が公開する株数(公募株、
売出株、OA株の合計になります)の半数以上を引き受けます。



そのため、主幹事となった証券会社がどこよりもIPOの公開株
をたくさん持っていると考えることができうるわけです。



しかし、主幹事証券が大手証券会社の場合には、当然の事な
がら、顧客である投資家の数も相当多いので、その為、当選
の競争率も必然的に高くなります。



幹事証券のなかでも主幹事証券に次いで引き受け株数が多い
のが副幹事証券の引き受ける株数の比率はたいてい10%程度
となる。幹事証券では5%程度が目安とされています。



もし、対面取引を希望されるのであれば、中堅以下の証券会社
で口座を開設しておくのも一つの手かもしれません。



理由としては、幹事証券にも入り、たまに主幹事証券になる証券
会社の方がチャンスが多いからです。



※引受(ひきうけ)
資金調達したい企業が発行した株式などの有価証券を、
証券会社が買い取って投資家に販売する事をいいます。


⇒ 【 ツールが凄い 】 楽天証券で株式投資をはじめる









スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO 主幹事証券

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。