スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







IPO後に株価急騰する銘柄の特徴


新興市場がここ数年の間大きく低迷しており、2006年にミィクシィが上場して以降、上場した企業の話題
が大きくメディアに取り上げられることも極端にすくなくなりました。


ですので、これまでの2006年当時と今ではIPO銘柄のおかれている状況は大きくことなりますが、普遍
的なパターンを今回誠に簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。


IPO後の株価上昇についてですが、単純に初値で考えてみますと、公開株数が少ないと初値は上昇しや
すく、多いと上昇しにくいことが過去のケースから特徴としてあげられます。 需給と供給を考えた場合に
欲しいのに物がないという品薄状態になると価格は大きく上昇します。


IPOの場合は上場する際に公募価格を低くして、公開株数を多くする組み合わせと、公募価格を少なくし
て公開株数を少なくする組み合わせの2パターンの考え方ができるとされております。


基本的に、企業が実際にIPOを行い株式市場から調達する資金は公募価格×公募株数ですので、どちら
を選択しても企業の資金調達するための金額には変わりはございません。


しかし、この企業の時価総額を考えた場合、実際に上場した後に株価が急騰すればするほど時価総額は
当然のことながら大きくなりますので、その企業の株高に伴って高くなります。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 公募価格 新興市場 時価総額

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。