スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







初値後に急騰した銘柄には近づかない


残念ながらIPO銘柄は初値がついた後も株価が上昇するとは限りません。ごく一部が株式公開
した後も人気化が進むのであって、多くの場合は時価の経過と共に忘れ去られます。



実際に初値がついた後にも大きく株価が上昇する銘柄の多くは、好条件が揃っています。当然
のことではありますが、2005年当時は新興市場が加熱状態にありました。



ですのでIPO銘柄であれば、よほどのことがない限り人気化したのですが、2006年に入ってから
は状況が一変しました。ですので、市場全体の状況もしっかりと把握する必要があります。



こうした新興市場銘柄に限ったことではないのですが、株価が急騰した銘柄を中長期で投資する
のは適していません。その後に大きく株価が下落するケースが少なくないからです。



こうした事態を避けるためにも、加熱した相場には近づかない方が良いでしょう。しかし、実際に、
相場が加熱しているかどうか分かるのは、ある程度時間が経たなければ分かりません。



周りの勢いに飲み込まれやすい状況にありますので、そういった場合はしっかりと、直近の業績
発表の中身を調べる必要があります。発表された数字が全てです。



数年間はどんなことがあっても増収増益で無いと、新興市場銘柄には長期的に投資することが
出来ませんので、厳しい目でチェックしなければなりません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO 株式投資 新興市場

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。