スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







IPO銘柄への長期投資は控えるべき


2003年から2006年にかけて日経平均株価は大きく上昇することになりました。こうした
背景には日本株が底を打ったことを確認して海外投資家の日本株買いが加速し、そう
した勢いに機関投資家だけでなく、個人投資家も便乗したからです。



事実、この時期は空前の株式投資ブームが起こりました。仮定の主婦の中でもデイトレ
で旦那さんの一ヶ月の給料を一日で稼いでしまう「にわか株長者」が多数誕生しました。



テレビなどの大手メディアでも頻繁に取り上げられていたものです。また、同じようにIPO
する企業がこの間はネット関連企業を中心に非常に多く、第二第三のヤフー、楽天の
ような企業が登場することを市場全体が注目していた時期でもあります。



ですので、この時期はIPO銘柄を一度購入したら大化けするまでを保有し続けるのが
一般的とされていました。しかし、その後はご存知の通り大きく低迷しています。



せっかく、手にした利益がパーになっただけでなく、含み損を拡大した個人投資家の方
も少なくありません。ですので、ここ最近はでIPO銘柄上場した場合は上場後できる
だけ早い段階で利確するべきとされています。



インターネット環境もかなり整備されてきたので、こうした状況下では第二、第三の楽天
ヤフーのような企業が誕生する可能性は低いといわざるえません。ですので、過剰なま
でに期待するよりも、利益をできるだけ早く手にすることに専念すべきです。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO銘柄

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。