スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







乱高下しやすい新興市場について

米住宅市場が依然として低迷しているため米金融機関の損失が
日増しに拡大しています。このため世界中の株式市場が大きく
低迷することを余儀なくされており、日本も例外ではありません。



特に、新興市場はすでに2年以上に渡って低迷し続けていますが、
主力企業が低迷している状態にあるだけに、新興市場に上場する
銘柄が見直される時期が早く訪れることを願うばかりです。



今回は、新興市場に上場する銘柄の特徴について簡単ではござ
いますが解説させて頂きたいと思います。


基本的に、IPO銘柄は上場したばかりのため、空売りすることが
できないので、買って売るを繰り返すしかありません。



空売りができれば、売りから入り、後で買い戻すという投資法を
行うことができるのですが、IPO銘柄はこれができないのです。



このため、株価が急騰すると一気に駆け上がり、ストップ高が数日
続くことがめずらしくありません。


ですので、株価はあっという間に倍近くまであがることとなります。


しかし、一旦、急落に転じると急騰していた銘柄だけでなく、新興
市場全体に一斉に売り注文が殺到することとなります。



東証一部銘柄のように空売りができる市場であれば、株価が急落
した場合でも、買戻しが入ることで下支え要因となります。



繰り返しになりますが、新興市場の場合、空売りできないことから、
一方通行になりやすく、株価の底が見えない事が少なくないです。



また、好転する場合も、投資家は、新興企業に対する目が厳しい
ため、急速に上昇することはありません。


様子を見ながら少しづつ上がるパターンが多いです。


⇒ 【 ツールが凄い 】 楽天証券で株式投資をはじめる








スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。