スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







業界再編で合併する企業の株に注目


金融危機が世界的に広がったことにより、世界景気の悪化から、業績が大きく悪化して
いる企業が増えているわけですが、IPO銘柄の投資もそれほど旨みがなくなりつつあり
ますが、停滞した後には必ず回復に向かう動きが強まります。



それまでの間はミクシーのようなIPO銘柄の登場を期待するのは難しいです。そんな中で
オススメなのが業界再編にむけた合併する銘柄のです。



仮に業績が大きく低迷していても合併することによって大幅な人員整理が行われることに
なりますので、再編後に黒字化が一気に進む可能性が高いです。



経済情勢にあわせて身の丈にあった事業を進めることができるので、こうした動きは不況
が長引く可能性が高いだけに有効な手段の一つと考えられます。



過去の例をみても再編によって事業を立て直しに成功した例が多いので、合併を発表し
た企業のは一時的に買いが殺到することになります。



このタイミングに上手く乗れればよいのですが、数日間はストップ高が続く場合も少なく
ありませんので、買えればラッキーぐらいのつもりで注文を入れるべきです。



その後に株価は低迷することになりますが、経営統合が実施された後に業績が好転し
ていれば再び大きな買いが入りますので、大きく売られる場面で少しずつ拾っていけば
上昇に転じたときに大きな利益を手にすることができます。


今後は業界再編に向けた動きに注目して株式投資をすべきだと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

新興市場銘柄へ投資する際の注意点


ライブドアの粉飾決算事件によりライブドアは上場廃止に追い込まれることになったわけ
ですが、これによりフジテレビは大きな損失をこうむることになりました。



ことの始まりは、ライブドアによるフジテレビジョン買収計画から一転し、業務提携を取り
交わしたことから、フジテレビジョンは2005年5月23日を払込期日とするライブドアが
実施した第三者割当増資1億3374万株全株を引き受けたことにありました。



しかし、昨年1月にライブドアに対して、証券取引法違反容疑により、東京地方検察庁
の強制捜査が入り、有価証券報告書の虚偽記載等を理由に東京証券取引所は事実
ライブドアの上場廃止を決定を下すこととなりました。


その結果、2006年4月14日付けでライブドアは上場廃止となりました。


そして、その後フジテレビジョンは、2006年3月16日にUSENの宇野康秀社長に保有
株式を約95億円(1株あたり71円)で売却しました。



上述した理由からフジテレビジョンがライブドアに払込だとされる総額約440億円との
差額である約345億円の損害について、ライブドアに対する東京地方裁判所の有罪
判決を踏まえ、ライブドアに損害賠償を求めて民事訴訟を提起しました。



これ以降、新興市場は一気に低迷することとなり、新規で株式公開IPO)に対する規制
も厳しくなったの上場する企業も激減することとなりました。



新興市場には将来的に有望視される事業を営んでいる企業が多数上場していますが、
多くの企業が資金面で苦しんでいます。また、経営に関してお世辞にも優れていると
は言い難い企業も少なくないので長期での保有は控えるべきです。



決算発表前にはいったんポジションを閉じて決算内容に問題がないことを確認してから
再び株を買うくらい神経質に株式投資を行うべきだと思います。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。