スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







公募価格を下回った銘柄について


IPO銘柄の魅力といえば何といっても初値が公募価格を大きく上回ることによって得られる
利益ですが、残念ながらIPO銘柄の全てが公募価格を上回るとは限りません。



事実、ここ最近では新興市場の地合いの悪さから公募価格を下回るのもけっして珍しくはあり
ません。なので、公開株を購入した投資家の失望売りが活発化する可能性が高いわけです。



数年前であればIPO目的に粉飾決算し、それが株式公開後に発覚することとなり、結果として
大暴落するケースも実際にありました。これは、新興企業の活性化を図るために新興市場
の上場基準を下げたことを逆手にとった悪質なケースです。



また、ライブドア事件以降、上場基準が見直されることとなり、以前程は容易に上場すること
が出来なくなっています。これがIPOを目指す企業が少なくなった大きな要因です。



ここ最近上場した銘柄で初値を下回る場合は単純に新興市場のみならず株式市場全体の地合い
が良くないことが理由であるために、将来的に株価が大きく盛り返す可能性もあります。



一般的に、新興市場に上場下銘柄は初値を下回った場合、しばらくは売られ続ける場面が多く
見受けられます。しかし、永遠に株価が上昇し続けることがないように、永遠に株価が下落
し続けることもありません。底を打って反転する時期が訪れます。



特に、こうした状況下でIPOする銘柄はよほど事業に対する自信があってのことでしょうから
将来的に大きく成長する可能性を否定することは出来ません。



ですので、今のうちに目をつけておくべきです。そして、時期が来たら投資すればよいわけで
すが、今現在はそういう状況にありませんので、目をつけるだけにとどめましょう。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。