スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







創業からIPOまで平均で30年以上かかる



FaceBookやTwiterのようなサービスが世界中で人気を博しています。


来年以降こうしたIT企業の株式市場の上場が控えています。


実際に世界的には第二次ITバブルのような現象がおきています。


しかし、残念ながら日本ではそのような動きはみられません。


日本発となるインターネット関連のサービスが世界的に普及するということは言語の違いなど
様々な問題があるとは思いますが、現状ではほとんど皆無です。


2000年初頭に国内でおきたネットバブル期に誕生した企業の多くは頭打ち状態にあります。


新しい波が来ることを期待したいのですが、現状では厳しいと思います。


国内のIT企業が我先にと上場することを競い合っていた時代には創業から上場までの距離は
一気に縮まることになったのですが、ここにきて再び後退しています。


過去3年間くらいの統計では創業から上場するまで平均で30年かかるとされています。


25歳で創業した若者がIPO取得まで30年掛かったら夢を実現したころには55歳になっています。


これでは夢を熱く語ろうとする若者がでてこないのも無理はありません。


日本のベンチャー企業は他国と比較しても決して遜色ない高い技術を持っている企業が少なく
ありません。こうした起業をバックアップする土台が今求められているのではないでしょうか。








スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。