スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株式を公開することによるメリットとは


今回は、そもそも、なぜ多くの企業が厳しい上場基準をクリアするために必死の思いで「株式を公開」
するのかについて簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。


基本的に株式というのは、直接金融(エクイティ・ファイナンス)による資金調達手段の一つですが、
単純に資金調達が目的ならば上場せずとも私募や、公募による増資でも資金調達可能なので、
わざわざ、大変な思いをして株式市場に上場する必要はありません。


では、なぜそこまでして株式を公開するかというと、株式市場に株式を公開することによって自社株を
売りやすくなり、その結果として株式の流動性が高まります。つまり流動性を確保するためです。


そして当然のことですが投資家は株式市場において売却しづらい投資対象には投資しようとしません。
なぜなら投資した銘柄が値上がり、値下がりした場合に利益確定、損切りが容易にできる状態にある
ことが望ましいので、「売りたくても買い手がいない」状態では、お手上げとなってしまうのです。


上述したことから、株式を公開して投資家から、資金調達を潤滑に行いたいのであれば企業側は常に
適正な価格で、売却可能な機会を提供する機会を求められます。未公開株よりも株式市場に公開され
た株式の方が売却しやすいので投資対象として株式公開された株式の方が魅力的です。


株式市場に公開された株式の方が売却しやすい理由をもう少し詳しく解説させていただくと、株式市場
に公開することによって取引相手である投資家を探し回る必要がありません。


そして、売買のチャンスが多くなるため、相場=市場価格が明確だからなんです。市場価格を明確に
するためにも、企業は出来るだけ詳しくて尚且つ正確な情報を投資家に提供する義務があります。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。