スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







公募株数から投資判断を下す方法


たとえば、IPOにあたり売買単位が1株の場合、公募価格が1万円で、公開株数が
10万株の企業と、公募価格が10万円で公開株数が1万株の企業があった場合
ですと、後者の方が急騰する可能性が高いです。



基本的に前者の場合、10万株もの株式が市場に流通するので流動性が高いことが
予想され、公募株を入手出来る投資家も多くなります。



ですので、初日から売る人も多くなることが考えられます。沢山の投資家にすでに行
き渡ってしまった公募株を購入したいと思う投資家も少なくなります。



このため、供給が多ければ価格は上がりにくくなります。後者の場合は買いたい人は
沢山いても買える株数が前者の企業より10分の1程度となります。



ですので、前者の企業よりも市場に流れないように需給を操作することが容易になる
ので、初値が上がる可能性が高まることになります。



上述したことから公開株数と公募価格の関係を理解するだけでも初値がどのように
形成されるかを想定するのに非常に役立ちます。IPO銘柄を中心に株式投資を行う
のであれば頭のかたすみにでも入れておいて損はありません。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。