スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







監査法人と主幹事証券の役割について

新興市場に上場申請する際に、もっとも重要なことの一つは監査法人
の監査を入れることです。マザーズでは直近2期の財務諸表について、
監査法人の「適正意見」を送付しなければならないのです。



これはどういうことかというと、株式公開前の2期間にわたり、監査法人
に監査してもらう必要があるのです。



ちなみにこの監査法人の「適正意見」とは、「会社に関するリスク情報
が適正に開示されている」という意味です。



マザーズに上場する企業の場合は「企業経営の継続性および収益性」
の審査は基本的には行われていません。



それは投資家自身で事業計画書等をみて判断を下すことに委ねられて
いるためです。そして、いよいよIPOが間近にせまってきたら、上場申請
の手続きを行わなければなりません。



マザーズの場合、申請から承認まで概ね1ヶ月程度要します。上場申請
する前に、もう一つ重要なことがあります。



それは、「主幹事証券会社」選びです。マザーズ市場に上場するにあたり、
実質的に審査を行うのは主幹事証券なのです。



この厳しい審査に通過することによって晴れて上場申請に進めるわけで、
実際の審査の業務に関わるのは証券会社の「公開引受部」です。



彼らは、こと上場に関しては尋常ではない権力を会社側に振るいかざす
ことがあるようですが、基本的にはそれも無理はありません。



主幹事証券会社はIPO前に、新規上場される株を引き受け、IPO時には
投資家に販売する責任があるわけです。



ですので、仕入れた株に問題があり売れなければ、証券会社は必然的
に膨大な不良在庫を抱えてしまうことになるからです。



上場を検討する企業側も上述したことを十分注意して主幹事証券会社を
選ぶ必要があり、今後各審査がより一層厳しくなることが予想されます。



特に新興市場に上場している企業の信用が低下しているだけに、これらの
対策をしっかりと準備を整えている企業であるかも投資の材料になります。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。