スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







日興株、思惑買いで高値続く



日興コーディアルグループの株価が、米金融大手シティグループによる株式
の公開買い付け(TOB)の終了後も買い付け価格の1700円を上回って順調
に推移しております。


今月2日の終値も1729円で取引を終えています。


TOBを行った場合、通常であれば、市場価格に一定額を上乗せして買い付け
ることにより終了後は株価が下落する傾向にあります。


しかし今回のケースは、シティが追加的な買い付けを行うとの思惑から買い
が集まっているようです。


シティはTOBにより、日興の発行済み株式の61%を握り子会社化に成功し、
大変お買い得な買物をしたと今のところ称されております。


しかし、外資系ファンドなど一部大株主からは「買い付け価格が安すぎる」
と拒否されるなど、合併など重要な議案を確実に通すことができる3分の2
には達することはできませんでした。


不正会計が発覚する前の昨年5月ごろの日興株価は1800~1900円台だった
ことから、「不祥事の影響から抜け出せば株価はもっと上がる」いう声も、
市場ではあがっているもようです。


このため、シティがより完全な支配を狙い追加的な株式取得に動く際には、
より高い価格を提示するとの思惑が市場にはあるとしております。


しかし、東証の規則では、上位10株主が株式の75%超を持つ企業は1年以内に
上場廃止になってしまいます。



日興がこの条件にあてはまると判断された場合に上場廃止になれば株式の価値
は大きく下がるため、保有し続けることも大きなリスクになりえます。



投資家にとっては難しい選択を迫られる展開になっています。



<以下の記事より引用>


(毎日新聞)

『<日興株>TOB終了後も思惑買いで高値続く』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000018-mai-bus_all







さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。