スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ブックビルディングの役割について


基本的にの場合、公開される株式について投資家の投資意欲があらかじめ分か
っていれば、主幹事証券は引き受けた株数が全て売りさばくことができます。そして、
反対に売れ残ってしまうと判断することも出来るわけです。



そのため、実際にIPOが実施される前に事前に需要があるのかどうかのヒヤリングが
設定されています。そのヒヤリング期間のことを株式投資の世界ではブックビルディン
グといいます。ブックビルディングは直訳すると、『需要の積み上げ』となります。



その期間内に、主幹事証券が株価帯として仮条件を提示し、そのうえで正式に需要
の具合を見て条件を決定するプロセスになっております。



もっとも、需要がある場合は問題ないのですが、需要が極端に少ない状態の場合は
IPOの延期という形で新規承認が取り消されてしまうことになりますので、ほとんどの
場合におきまして、条件決定日と、ほぼ同時に延期が決定されます。



また、ブックビルディンング以前は入札方式が主流でした、しかし、入札方式は高値
から順番に落札されるので、投資家はいくらで入札すればよいかわかりにくく、人気
銘柄は機関投資家が、落札してしまうという不平等なシステムだったのです。



そこで、ブックビルディングとなったわけですが、、最近では参加する投資家が急増
してしまったがためにプラチナチケットのような存在となってしまいますので、実際に
多くの投資家が当たらないと嘆いているのが現状のようです。



この為に、また再びブックビルディングに注目が集まっています。公開株を入札方式
にすれば、現在の初音同様に公募価格が急騰する事が予想されます。しかし、その
一方で、初値が公募価格を割りこむ事も十分想定されますので注意が必要です。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。