スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







企業合併の基本的な仕組みとメリット


2008年にリーマンブラザーズが破綻したことで連鎖的に破綻する金融機関が増えることに対して懸念感が
広がったことによって、米金融大手が壊滅的な状態に陥りましたが注入された公的資金の返済目処が
たち、確実に表向きは回復方向に向っています。しかし、今後も油断することはできません。


依然として厳しい状況が続いているなかで、ギリシャ、スペイン、ポルトガルといったユーロ諸国がデフォ
ルトリスクに揺れています。また、欧米の金融機関の中には経営再建に向けた動きが広がっています。


ですので、今回は企業合併の仕組みについて簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。
そして、基本的には複数の企業が1つに統合されることを合併といいます。


この企業合併には2種類あり、A社、B社が合併するにあたり、一旦それぞれが解散することで新設会社
に権利義務を移行する方式。もう一つは、A社、B社のうち、どちらかがそのまま存続会社となります。


そして、もう一方を吸収する方式です。日本の場合は、圧倒的に後者のほうが多いです。 上場している
企業同士の場合、吸収される会社の株式は、まず一旦新会社の株式に交換されることととなります。


そして、株数は合併比率によって割り当てられます。 合併により業界内での企業の競争力を高めるため
に行なわれることから、市場では好材料と判断されます。


しかし、例えばA社、B社が合併することにより株価と合併比率によってはA社、B社のどちらかの株主に
とっては有利に動いたり、反対に不利に動くケースも実際にみられます。


また、持ち株数と合併比率によっては単元未満株が発生しますので、その処理が企業側はもちろんのこと、
証券会社や、証券取引所からすると非常にわずらわしい作業となります。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO

コメントの投稿

Secre

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。