スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







IPOを目指す企業が大きく減った理由について


サブプライムショックやリーマンショックによって世界中の金融市場が恐慌レベルにまで大きく低迷した
たことにより、上場気運が必然的に後退した影響からIPOを見送るケースが増えております。


依然として、こうした傾向が続いています。もっとも、4月に承認が少ないのはゴールデンウイークを挟む
ことを企業側が嫌うので例年のことなのですが、しかし、いくらなんでも少なすぎます。


これまで、IPOが大きく減少した理由としてライブドア問題によって上場審査そのものが厳しくなったこと
が理由としてあげられていますが、それだけでは無いと思います。


依然として企業として信用力を高めるためにも株式公開するメリットは計り知れないものがあるわけです
から、上場を目指す企業が増えないことの方が日本経済にとって不健康だと思います。


現在、東証および大証の審査は新興企業で申請から承認 まで2ヶ月掛かるのですが、承認されてから
実際に上場する までにさらに1ヶ月要することになります。 ですので、逆算すると、4月のゴールデン
ウィーク前に 上場するのであれば、遅くとも3ヶ月前の1月中旬までには申請する必要があります。


年初は、ここ数年に関しては連日のように大暴落が続くことが多かったので、この時期を警戒する向きが
強まっています。事実、株式市場には大きく影響しませんでしたが、民主党議員の献金問題などゴタゴタ
する場面がありました。この間はメディア報道が過剰なまでに、この問題をとりあげていました。


どの企業も国内の株式市場だけでなく、日本経済の未来に対して不安視していたと思います。 ですので、
ここにきてさらに上場を目指す企業が大幅に減少することになったのだと思います。


先月の米金融大手の決算発表を受けてようやく、市場全体が良い方向に動き出しているので、今月から
再び上場申請の動きが活発化する可能性が高いと思います。 そうすると夏から秋にかけて一気にふえ
る可能性がありますので、この時期にIPOが集中するかももしれません。


IPOが活性化することは株式市場全体の発展に不可欠なのですがIPOを活性化するためには相場の
回復が不可欠です。 せっかく大変な思いをして上場しても、安く売られるのであれば、上場しないほう
が良いと企業側は思うからです。 第一生命の例をみても尻込みしてしまうかもしれません。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。