スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







経営者に惚れ込んで株を投資しない



人によっては、銘柄を選ぶにあたり、普段よく目にするテレビや新聞、雑誌などに登場した経営者
の企業を選ぶ方もいますが、それなりに利益をあげているようです。

株式投資これだけはやってはいけない



というのもこうした情報はある程度事前に分りますので、放送される前に購入し、放送当日に売る
ことにより、大きな利益は期待できませんが、それなりの利益を得られる可能性が高いんです。



しかし、注意しなければならない点もあります。テレビなど大手メディアに経営者が出演し、色々
と話している姿を見ているうちに、その企業の理念や経営方針に惚れてしまうことです。



短期で投資するつもりがいつのまにか長期で投資するはめになってしまいます。

残念な人のお金の習慣



とくに上場して日が浅い新興企業の場合はなおさらです。新興企業の経営者の中には良い意味でも
悪い意味でも、怖いもの知らずの方が少なくなく、チャレンジ精神に満ちています。



ですので、経済が停滞しているようなときには、こうした経営者の多くは非常に魅力的なわけですが、
残念ながら怖いもの知らずの背景には単純に経験不足の場合が少なくありません。



上場して数年程度ですと、経済の移り変わりにおける様々な問題を経験したとはいいがたい状態に
ありますので、「知らないからできる」「知らないから言える」場合が少なくないのです。

お金で騙される人、騙されない人



経営者という生身の人間にほれ込んでその企業に投資することで何が怖いかといえば、事業が大きく
低迷した場面でもV字回復を期待し、株を保有し続けてしまうことです。



「○○社長は必ずこの局面を打開してくれる」といった思いから売らずに保有します。



結果として、売らなければならないときに売れなくなり損失を拡大します。経営者で銘柄を選ぶこと自体
は決して悪いことではないのですが、上述した点を十分考慮した上で行なう必要があります。

信用取引は図解で覚えるカラ売り35の法則








テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 企業 上場

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。