スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







東京証券取引所の役割と取引について


東京証券取引所(以下東証)は日本を代表する証券取引所ですが、
実際に東証以外にも大阪証券取引所(以下大証)、名古屋証券取
引所(以下名証)などが国内の3大取引所として君臨してます。



東証は1949年に東京株式取引所として産声をあげてから2000年
に正式に株式会社となり、2006年には持株会社制へ移行し、現在
に至りますが、東証自体は非上場企業のままです。



今現在、東証では第一部、第二部、マザーズの3つの市場が存在
しており、マザーズ市場は新興市場を活性化することを目的に誕
生したため東証一部、二部よりも上場基準が厳しくありません。



ですので、将来的に大きな成長の見込める企業であれば上場前の
業績がそれほど良くなくても上場が認められるケースが多いです。



しかし、ライブドアショック以降は新興市場は規制が厳しくなり、大き
く低迷することを余儀なくされています。また、金融不安が拡大して
いる影響で上場することを見送る企業も増えています。



しかし、今現在でも依然としてIPOを目指す企業は少なくないので、
必ず新興市場が見直される時が来ると思います。



そして、我々一般の個人投資家は東証などの証券取引所で売買す
ることはできません。証券会社を通じで注文が出されます。



実際に日本株を取引する上で東証は避けて通ることは出来ないわけ
ですが、今後はさらに個人投資家と海外投資家を呼び込む為に魅力
溢れる金融商品の開発やシステムの改善が急がれています。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。