スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







IPO投資にはテクニカル分析は不要?




IPO銘柄の場合は上場して日も浅いことからチャート分析をはじめとしたテクニカル分析
はあまり意味がないように思われるかもしれません。

【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



基本的にテクニカル分析では株価の動きを追ったり、予測するのではなく、投資家の
心理を読むために行います。ある程度テクニカル分析を続けていると株価を作り出す
のは投資家心理であるということを実感されると思います。


特にIPO銘柄の場合は短期間で大きな利益をあげることを狙っている投資家が多いい
のですが、トレンドができないので一般的なテクニカル分析は難しいです。


また、注意して頂きたいのは、同じチャートを他の投資家の方も見ているという点で、
パソコンのモニターを眺めていると、こうした感覚が希薄になります。


もし、貴方が「こう動くのではないか?」と思ったことは、他の投資家も同じように考える
可能性が高いわけです。その中で、どう動くか考える必要があります。

IPO新規公開株でガッポリ儲ける方法



そして、IPO銘柄の場合は、初値後に株価が上がる場合は、その後に急騰する可能性
が高いです。反対に下がれば急落する可能性が高いです。


しかし、株価が下がったからこの銘柄は駄目だなというわけでもないのです。極端に
売られると、まとまった大きな買い注文が入り、初値を上回る場面も見られます。


ですので、初値後は極端に乱高下を繰り返す場面も頻繁に見受けられます。この時に
心理的に揺さぶられてしまっては大きな利益は望むことが出来ません。


下手にテクニカル分析に頼ろうとするとIPO銘柄の場合は大きく動きますので、痛手を
被る可能性が高いです。ですので、IPO銘柄を中心に株式投資するのであれば、上述
した点を考慮してまず、どちらに動くか見極めてから投資する方が良いでしょう。

【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!









テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株価 IPO

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。