スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







新興市場銘柄を取引するさいの注意点



株は上昇し、発表される経済指標から分かるように米国経済は、回復に向かっている
ようなんですが、実体経済は悪化の一途をたどっています。


過去2年間に渡って、大規模な金融緩和をやったおかげで、株式市場はおおむね好調
を維持しているわけですが、いつまでも続くとは到底思えないじょうたいにあります。


米国の格付け会社が自国の国債の評価を見直す方向で動いています。


そうした中、日本の新興市場は長期に渡って低迷し続けています。


IPO銘柄が話題にのぼることも本当に少なくなりましたが、経済を活性化させるためにも
新興市場に上場する銘柄が見直されることを願うばかりです。



今回は、新興市場に上場する銘柄の特徴につい解説させていただきます。



当然のことながら、IPO銘柄は上場したばかりですので、信用が主力銘柄のようにある
わけではないので、信用取引が禁止されている銘柄が少なくありません。



信用買いはできても、空売りすることができない銘柄が圧倒的に多いので、買って売る
といった行為を必然的に繰り返すことになります。



空売りが認められれば、株を先に売って、大きく下がったところで後で買い戻すことで
利益をえられるわけですが、IPO銘柄の大半はこれができません。



また、株の流通量も少ないので株価が急騰すると一気に市場参加者の注目を集めること
となり、ストップ高が数日続くといったことがめずらしくありません。



このため、株価が瞬く間に倍近くま上昇することも珍しくないわけです。


しかし、怖いのは反対に急落に転じると、その銘柄だならまだしも、新興市場全体が
パニックとなって一斉に売り一色になることも珍しくありません。



東証一部銘柄の大半がそうであるように、空売りが認められれば、もし仮に株価が急落
したとしても、買戻しが入ることになって下支え要因となります。


空売りできないということは、一方通行になりやいので、株価の底が見えなくなります。


そして、仮に好材料が発表されたとしても、投資家の多くは、新興企業に対して厳しい
目を向けているため、よほどのことが無い限り、いきなり上昇することはありません。


様子を見ながら少しづつ上昇し、沸点に達すると爆発するといったパターンが多いです。

「PR」 ダイニングテーブル 通販







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 新興市場銘柄 IPO

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。