スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







香港市場へIPOする理由とは?


イタリアの高級ファッションブランドのプラダが香港市場に上場し、大きな話題を集めて
いまして、香港市場でIPOを目指す企業が加速的に増えることが予想されています。


というのも、世界中の企業がアジア市場の拡大の恩恵にあずかりたいと考えているからで、
そのための拠点として香港市場への上場を検討しているわけです。


また、香港取引所もそれほ目論んでか、人民元建て株式上場を「元のみ」と「複数通貨」
で行えるようにするなど、利便性の向上に努めています。



「一部転載:NNA」

『【香港】人民元建て株上場、2方式で:「元のみ」と「複数通貨」』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000002-nna-int


香港取引所(HKEX)は22日、導入を目指す人民元建て株式の新規株式公開(IPO)と
HKEX上場について、「元建て株式のみの単独通貨方式」と「元建て株式と香港ドル建て
株式の複数通貨(デュアルカレンシー)方式」の2本立てでいくと発表した。


いずれの方式を選ぶかは新規上場する企業と幹事証券・投資銀行に任せる方針。


HKEXは年内には人民元建てIPOが実現すると見込んでいる。


HKEXのエリック・ランディアー上場推進部長は22日に開いたメディア説明会の席上、
中国中央政府が中国本土の投資家に香港株式投資を解禁した場合、香港の上場企業が最大
の受益者になると強調。本土の投資家が約1億人に達していることを期待の背景に挙げた。


人民元建て証券取引を本格化する前提となる人民元流動性支援プール「人民元証券・香港
ドル交易通(TSF)」は、9~10月の稼働を予定。

続きはコチラから⇒


香港は今バブル絶頂期にありまして、日増しに豊かになっているのが分かります。


ですので、日本は完全に無視されるわけですが、残念ながらこの状況がいつまでも続くわけ
がありませんので、バブル崩壊に備えて準備を整える必要がありそうです。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : IPO 香港取引所

さらに詳しく調べる


 検索例  
株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


タグ

  • seo


  • seo
ユーザータグ

IPO 株式投資 新興市場 公募価格  ブックビルディング バランスシート 上場 証券会社 時価総額 証券取引所 株価 業績 運用資金 決算書 ベンチャー企業 企業 楽天 ジェイコム ヘラクレス マザーズ 幹事証券 主幹事証券 IP0銘柄 投資家 株主 経営者 新興市場銘柄 香港取引所 弁護士 詐欺 銘柄分析 未公開株 第三者割当増資 ヤフー 未公開株とは? 決算発表 ライブドア 目論見書 株式公開 IPO銘柄 ジャスダック市場 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。